2008年01月31日

フランス料理フルコース

Q. 居心地のいいレストランの理由がわかりますか?

熟女三人で3ヶ月先まで予約の入っているレストランへ行きました。

予約を取るにはコツがあり、
コミュニケーションに長けた友人がうまく隙間に入り込み、
2週間で食事することができました。

フランス人シェフです。
レストランには不向きな、地下です。
が、不思議に落ち着く空間にしてあります。

ギャルソンも日本人女性スタッフと、フランス人スタッフがいます。

当然ですが、常に笑顔。

お料理の説明も、答えられない質問にはシェフに確認に行きます。

フランス語で話しかけてもOK。

お料理は、美しく、適量で、繊細で・・・
重くありません。

自分の仕事に誇りを持って、笑顔を絶やさず
最上の気分を味わわせてくれる、

それがおもてなしの極意でしょうか。

三皿だけご紹介します。

前菜です。
P1000588.JPG

私のメインはほろほろ鳥です。
P1000594.JPG

前々日に誕生日を迎えた友人のため
お店がこんなデザートを用意してくれました。
desert.JPG



出来事 フレンチを堪能しました
感情  まるでパリでレストランに入ったようにゆったり
願い  たまには昼からよいではありませんか
                        kinuko
posted by ポプラ at 23:42| Comment(2) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kinukoさん、美味しそう〜!
幸せな時間だったことでしょう。
予約のコツを教えて下さい。
Posted by Ako at 2008年02月02日 18:11
Akoさん

予約のコツは、電話に出たお店の方に好印象を与えることです。
たとえば、忙しくない時間帯を選ぶ、
是非行きたいということをしっかりアピールする、
お礼を言う等。

やはり相手の気持ちになることでしょうか。
その友人に奥義を確かめておきます。
              kinuko
Posted by at 2008年02月08日 16:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81721615
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: フランス料理フランス料理(フランスりょうり)とは、16世紀にイタリアよりもたらされた、当初はフランスの宮廷料理だった献立の総称。ソースの体系が高度に発達していることが特徴で、各国で外交儀礼時の正餐とし..
Weblog: 世界の料理!
Tracked: 2008-02-01 09:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。