2011年08月01日

フレンチポップな週末

Bix&Markiのライブは、フランス語大好き、フルート大好きの私には、至福の時間でした。



20110730190554.jpgBix&Marki.jpg

posted by ポプラ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

あっと言う間の三が日

忙しかったような、のんびりしていたようなお正月が終わり、
そろそろ社会生活に復帰しなくては、と気持ちだけは張り切っています。

3日目に家族そろって街中を探索に行きました。

バーゲンはすでに昨日から始まっていて、人、人、人。

リーガロイヤルを皮切りに、大丸、阪神、阪急とさすがにデパート3軒目はエスカレーターを見ただけで、
帰ろう、と意見が一致しました。

若者と一緒に洋服売り場を覗くと、色々と情報が入ってきて、
買えなくても楽しいものです。

それはそれでよかったのですが、帰りの電車は疲れてだんまり。

しっかり休養して、明日から早寝早起きの毎日です。

kinuko


posted by ポプラ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

プロのお仕事

P1010872.JPGP1010871.JPG

箱の中には、淡路島の玉葱と、ジャガイモ5種類、ビーツ、アイスプラントの苗も入っています。

次男が先輩の実家、淡路島で玉葱の収穫を手伝い、そのお礼として野菜2箱もいただきました。

かねがね「農業はお母さんには無理。」と偉そうに私に言う本人が、
へろへろで帰ってきました。

何でも、前日に雇われた中国人があまりの重労働にさっさと帰ってしまったとか。

次男が、先輩のご両親やそのご両親に大層かわいがられて、
夕飯は、淡路牛と淡路玉葱の焼肉!!

昼寝にお土産、すぐに役立つ農業の体験談付きワーキングホリディをさせていただいた上、
収穫が届いたのです。

ひたすら感謝して、イタダキマス。

メークィーン、男爵、北あかり、レッドムーン、とうやのそれぞれのレシピを探しました。

kinuko

posted by ポプラ at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

大学受験、不可能が可能になる?!

それは無謀というものでしょっ。
と次男の大学受験については、家族を始め先生や周囲の人間は心の中でつぶやいていました。

成績たるや、模擬試験でも、実力試験でも合格ラインには届きません。

ところが、狙いを定めて不合格でも悔いはなし。
他は見向きもせず、ここだけで勝負、という決意でした。

そんな態勢で受験して、「合格した」という報告をもらったものだから、
みんな、本当にみんな絶句。

一息置いてから、「おめでとう、よかったね。」ということになりました。

北京オリンピック陸上男子400mリレーについては
すでにブログに書きました。

自信がなくなったときや、諦めかけたときには

YOU TUBEを使って何度も思い出します。

過去の記録から判断すると、メダルなど到底無理です。
でも、彼らは諦めませんでした。

そうしたら、手が届いたのです。

データから判断して夢を捨ててしまっていたら、
メダルは100%取れなかったわけですから、

夢は不可能も可能にします。

あきらめないで!!

kinuko



ラベル:大学合格
posted by ポプラ at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

ホワイトデーの演奏

バレンタインデーに告白した女性は、ちゃんとお返しをもらえたでしょうか?

北摂にある生涯学習センターのロビーでフルートを吹いてきました。

毎週日曜日にランチコンサートがあり、出番となったわけです。

総勢11人で全16曲。

ランチコンサートですから、演奏家は昼ごはん抜きです。

あっ! 

聴いてくださっている方々も昼ごはん抜きだということに
今気づきました。

益々嬉しいです。

50名位の方々が途中で席を立つこともなく、聴いてくださってました。

演奏曲を決める、担当を配分する、練習日の調整をする、
打ち上げの予約を取る・・・

演奏以外のお仕事も随分あります。
それらをすべてこなして、
演奏が終了すると、いつもやってよかったな、と思います。

好きなことだと、年齢に関係なくみんな一生懸命で元気がでます。

入れ歯になるまで仲間と続けます。

kinuko



posted by ポプラ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

同窓会で「ごめんなさいとありがとう」

同窓会の続いた週末を終え、心がほかほかとしています。

先ず、小学校の同窓会。

担任の先生は75歳、今でも現役で「先生」に講義されています。
今でも、熱血先生です。
先生って小学校の頃と変わりません。

同窓会でも宿題を出すのです。

12名の参加者が、幹事が作成した当時のアルバムの前で、
一人ずつ近況を報告した時に、

先生は、全員になが〜い思い出を語ってくださいました。

先生って、変わらない!

卒業してから42年振りで会った男の子は、
自分を「じいじ」と呼ぶ孫との公園デビューを話してくれました。

一番半パンの似合わなかった老けた小学生は、今や、若い。
見かけの年齢がストップし、いつぞや実年齢がそれを越えました。

彼曰く、
「○○先生(担任)の次に○○さん(私の旧姓)に怒られた。」

私は、冒頭で皆さんに小学校の頃の非礼はお詫びしたのですが、
許してはもらえなかったようです。

次は、中学校の同窓会。
こちらはいつものメンバー3人で。
新年会として、城之崎へ「カニカニ日帰りツアー」に行ってきました。

あの頃から、みんなに大事にしてもらっていたことに感謝しています。

kinuko
posted by ポプラ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

ぼくの大切なともだち

お盆休みとはいえ、家族は皆出かけていて、家事の合間に息抜きをしています。

夫が借りてきたDVD「ぼくの大切なともだち」。
楽しみました。

ル・コント監督のフランス映画らしく、

軽くなく、重すぎもせず、

フランス人も「友情」について面と向かって考えることがあるのだ、などと不思議な気持ちがしました。

主役はダニエル・オトイユです。

フランスを代表する俳優、ジェラール・ドパルデューやミッシェル・ブランはじめダニエル・オトイユも決してハンサムではないのですが、
とても魅力的です。

この映画、ダニエル・オトイユより、ダニーブーンの表情にプロフェッショナルを感じました。

驚きの表情一つでも、恥ずかしさのある驚き、悲しさのある驚き、喜びの驚き。

もっともっと、豊かです。

日本の俳優さんにも、これくらいのお仕事をしてほしいと、つくづく思いました。

私も、ちょっと挑戦してみます。

物をもらって嬉しい、自分に対する好意を感じて嬉しい、自分に満足して嬉しい。

これくらいできるようになれば、表情がもっと豊かになるでしょうね。

kinuko






ラベル:ル・コント
posted by ポプラ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

今年もボランティア

Q. 雰囲気が一転したきっかけは何でしたか?

12月は、恒例となった病院でのフルートアンサンブル演奏会があります。

段々とシンプルなアレンジの曲ばかり演奏するようになり、今回はみんなで歌える曲を増やしました。

日頃参加が難しい仲間も、一生懸命練習して無事足並みがそろいました。

この男性のことを少し。

奥様も一緒にグループに入っているので、家で二人で練習していただくことにして
最後のリハーサルだけは辛うじて参加してもらいました。

「赤とんぼ」の家での練習は、仕上がっている奥様がリードする形で行われました。
なかなかそろわず、
つまり、男性の方が間違えてばかりで
とうとう気まずい雰囲気になったそうです。

奥様が「練習したら・・・」と言うと「今やろうと思っていたのに・・・」

後でそれを聞いたメンバーが、思わず笑うほどの常套句です。

最終練習日にもうまくいかず、他のメンバーが、横について口(くち)フルートで激励しました。
何度も何度も。

ようやくOKが出て、一同胸を撫で下ろした次第です。

二人だけなら夫婦喧嘩になっていたかも・・・

ところが、雰囲気が一転しました。

フルート演奏の「歓喜の歌」を聴いていた彼は、見事なテノールで「歓喜の歌」を歌いだしたのです。
素晴らしい!

これからも時間を見つけて、参加して欲しいなくてはならない人材です。

出来事 リハーサルで戸惑いました
感情  不安から一転、賞賛へ
学び  仲間がいたら心の振幅が大きくなります

                kinuko
posted by ポプラ at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

ポニョの人気

P1000943.JPG


Q.好きな歌を大きな声で歌うことはありますか?

例年のごとく、幼稚園で吹いてきました。

10曲も聞いていただけて、とても幸せな気分でした。

マチネ、ソワレの2回公演です。といっても、休憩は1時間。
哀しきかな、アマチュア演奏家に休憩はなく、
しつこく練習に励んでいました。

衣装は、腕出し、胸だし、の予定でしたが、揃わないところもアマチュアのご愛嬌。

半分くらいは歌を歌っているので、前に座っている子どもたちも驚いています。
フルーティストの集まりは合唱団でもあります。

「ポニョ・・・」は曲紹介をしただけで、歓声が上がりました。

難しいのは、同じパートを複数で吹いているときです。
音がぴったりそろわないと、身をよじられるようで悲しくなります。

あ〜 あそこでもう少し時間をかけて練習すればよかった。
どうしてあの程度でOKを出してしまったのだろう。

来年もオッファーがあれば、こんどこそ、満足のいく演奏をしてみせます。

と、10年日記の昨年の同じ日に同じことが書いてありました。

出来事 10曲吹いてきました
感情  もっともっと
学び  同じ過ちは繰り返さないこと

           kinuko 
posted by ポプラ at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

やる気の一滴

Q.刺激をくれる友達はいますか?


80歳の母がこの春にパソコンを始めて、

夏にはメールや日記を書くことができるようになりました。

一度では手順を覚えられないのですが、自分なりにノートに書きとめ何度もトライして、ようやく自分のやり方でできるようになっていきます。

そばで見ていると、
「もうっ!」なんて言いながら、やってます。

母の知り合いで70代の工務店社長が、その姿を見て、資格取得に挑戦しました。

1級建築士なのでヘルパー関連の資格を取ると、バリアフリーの設計申請書を自分で提出できるようになるのだそうです。

まずは、ヘルパー2級から。

ご本人曰く、
「Fさんががんばってるから、わたしもやる気になりました。次の資格も勉強していますよ。」

ヘルパーさんにお世話になっている母にも、人を励ます力があるのを聞き、
どんなところにも影響力はあると思いました。


出来事 70代男性のヘルパー挑戦
学び  自分の態度によって人の力を引き出すことができる
感情  なかなかやるじゃん

                    kinuko



posted by ポプラ at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

80歳から始めますか?

Q.大人になってから始めたことは何ですか?

母からの突然の宣告です。

     「光通信が工事に来る!」

機械好きの母は、テレビとDVDについてはもう達人の域に達したので
次は、パソコンに挑戦します。

娘の私には、孫、つまり私の息子達を通して知らせてきました。

したいこと。

1.メール
2.世界の町を検索
3.ネガをスキャンしてパソコンに取り込む

どこまでできるかわかりませんが、
80歳の好奇心はとどまることを知りません。

外出するときは両手に杖を持っています。
自分で量販店までパソコンを買いに行きました。

メディアリテラシーについては、中学生用のテキストを
本棚から引っ張り出して、勉強してもらうことにします。

好奇心についてはモデリングの対象となります。

いつまでも無邪気な「知りたがり心」を忘れないでほしいです。

それが元気の源でしょう。

出来事 パソコン通信をはじめるそうです
感情  いずれ使いこなして、教えてくれる日も近いだろうと期待しています
               kinuko

posted by ポプラ at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

特選を探して日展へ

Q. アートに対する許容量は大きいですか?

招待券をもらったからというのが大きな動機となり、家族で日展に行ってきました。

会場の大阪市立美術館近辺は、
私が以前に行ったときとは様変わりしています。

カラオケや寝そべっている人達はどこへ行ったのでしょう?

駐車場は駐車チケットを持っている人しか、中へは入れないように鍵がかかっています。

すっきりしているけれど、昔の天王寺のイメージも懐かしいです。

日展は展示数が多くて、圧倒されます。
お目当ての絵画を見て、後は小走りです。

絵葉書を買ったときに、売り場の方がわざわざ「この絵の作者は昨日お見えになってたんですよ。」と教えてくれました。

作者のご家族に伝えると、サインをたくさんすることになって驚いたのだそうです。
きっと、売り場の方がファンで騒がれたのでしょう。

家族のイベントとしては、
入館の前後と、たった一枚の絵しか印象に残りませんでした。

高校生の次男は興味を示さなかったのですが、
近くにチョコレートで有名なお店に寄るという食い気に抵抗できず、
一緒に行きました。

アートにも、コミュニケーションが必要だと実感しました。

出来事 展覧会に行きました
感情  数の多さに許容量がパンクしました
学び  受けとめることのできる量を知ることも大切

                      kinuko

ラベル:天王寺 日展
posted by ポプラ at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

桃の節句に思うこと

桃の節句のお料理です。
おいしくいただき、何でも許せる雰囲気になってから・・・


20080303.jpg

Q.言いにくいことをどう伝えていますか?

友人の間で、ある化粧品がブームになっています。

友人は高く評価していて、私にも勧めてくれました。

私はその友人について、自然派であることや、研究熱心なことに一目おいています。

洗顔フォームを使ってみて驚きました。
異常に泡立つのです。
まるで、セーターを洗うときに出る中性洗剤の泡のようです。

友人たちは良品だと思っています。
私は危険だと思っています。

化粧品のことだけ拒否するにはどう言えばいいか・・・

     結局「私には合わない」という意味で伝えることにしました。
もちろん、教えてくれたことに対する感謝の言葉は忘れずに。

出来事 新しい化粧品を試しました
感情  周囲が良いと信じている品は、危ないかもしれない
学び  拒否をうまく伝えるのは少し考察が必要です

                         kinuko

ラベル:洗顔フォーム
posted by ポプラ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

ちょっと元気が出る話

Q.頼まれたことはできるだけ引き受けるほうですか?

もうすぐ80歳、1人暮らしの母のところへ寄りました。
先日から体のあちこちが痛いと言ってたので、ご機嫌伺いです。

合鍵でいつものように入っていくと、室内用の車椅子が玄関に置かれて
留守です。

病院へでも行ったのかしら、と心配しつつお惣菜を冷蔵庫に入れて帰りました。

1時間後に母から電話です。

近所の友人から、テレビが映らないので、母に何とかしてほしいという依頼があったそうです。

少し痛みが引いた隙に行って、映るようにしてきたそうです。

友人宅では数日前に電気屋さんがセットして帰ったのに、自分で線を抜いてしまって修復できなかったのです。

母は簡単に繋いでしまいました。

機械いじりの好きな母ですが、よそのお宅の配線もしてしまうなんて
「達人」です。
人の役に立とうと思い込まなくても
自分の好きなことをしていればそんな日も来るのですね。

元気が出ました。

出来事 母がいません
感情  心配して安心し、うきうきしました
学び  人のために何かできるのはうれしいものです

                   kinuko
posted by ポプラ at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

スキーのお誘いあれこれ

Q.成人した息子とスキースキーに行くのは「問題あり」でしょうか?

下宿している息子に「餃子事件」で被害がなかったか、メールでたずねました。
そのやり取りから、一緒に北海道へスキーに行くことになり、
残りの家族二人は時間調整できず、結局二人旅となりました。

はた、と思ったのは、これはマザコンの問題あり?

コーチ仲間に尋ねると、問題ありもあるし、なしもある、ということです。

スキー仲間は他にもいるから、母もついでに誘ってみたのでしょう、きっと。

この話が出たときに、
夫の第一声 「あ〜いいやん。」
友人一人目 「やさしい息子さんね。」
友人二人目 「ひぇ〜スキー?」
友人三人目 「フルートの練習はいいから、楽しんできて。」

私は、もしかしたら最初で最後かも、と思いながら、
来年のスキーは安比にしようと、今からアピールするつもりです。l

出来事 スキーの予約をしました  雪
    真狩村のレストランの予約も入れました
感情  滑ってころぶのが楽しみ
決意  中高年スキーヤーはがんばる!
ラベル:スキー
posted by ポプラ at 16:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

大友達

Q. 80歳になっても友達とおしゃべりしていると思いますか?

先日、久しぶりに一人暮らしの母のところへ行きました。

母の友人が4人お越しになってて、ティーブレイク中でした。
 平均年齢82歳?くらい。

      す ご い !
バスと電車に乗り継いで、皆様来てくださいます。

いつも、母は口角が下がっているのですが、
この日は、きゅっと上がっていました。

病気自慢でなく、元気自慢です。

「杖なしでもこんなに歩けるのよ。」と言うが早いか、歩いて見せてくれます。

少し耳の遠い方もいて、大きな声でのやりとりです。
元気です。

80歳の友人を指して、「この子は・・・」と言うのです。

大阪のおばちゃんが年齢を重ね重ね重ねると、こうなるのでしょうか。


友達って、力をくれるのですね。
私も80歳を過ぎても、友達とおしゃべりしているかしら…


出来事 母の家にお友達がきていました
感情  母やみなさんの元気な様子を見てエネルギーをもらいました
想像  老後は楽し!待ちどおし!
                   kinuko
ラベル: 一人暮らし
posted by ポプラ at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

思い出

Q.猫は好きですか?

子どもの頃は、いつも猫がそばにいました。

母は猫が好きで、父は猫が嫌いで、仔猫を間に二人で意見が合わなかったこともありました。

それでも猫がいなかったことはありません。

一番思い出に残っているのは、三毛猫の「ちょび」です。

鼻と口の間が黒くなっていて、ちょび髭が生えているように見えたので、
兄が名前をつけました。

兄によくなついて、落ち込んでいるときには
「ニャー」と慰めていたそうです。

(私は、たまたまチョビが鳴いただけだと思っています。)

チョビが交通事故にあい、家族で見送った日に
兄が弔辞に語っていました。

    三人でお葬式をしました。

母は、次に飼った三毛猫「じゃりんこ」の写真を
陶板にして飾っています。

母にとっては自慢の美猫でした。

(私は眼と眼の間が開きすぎの猫だったと思います。)

ペットも家族の一員でした。

出来事 子どもの頃の飼い猫を思い出しました
感情  宿題の多い日は猫がうらやましかったです
    チャッピーも幸せな猫だったと思います
                  kinuko



ラベル:
posted by ポプラ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

PL花火大会

P1030057.jpg     P103007.jpg



Q. 身近にあるけれど、行ったことのない「世界一」はありますか?

生まれて初めて行きました。
聞きしに勝る花火です。

毎年ニュースで見てから、「ああ、行けばよかった。」
と思いながらも、なかなか行けませんでした。

ご縁があって誘っていただき、
またそのご縁が広がりました。

出来事 PL花火大会がありました
感情  華やかに咲き、消えていくものに
    はかなさの中の見事に圧倒されました
学び  これもご縁です
               kinuko
ラベル:PL 8月1日
posted by ポプラ at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

地球交響曲第6番を観て

Q. なぜ音楽に惹かれるか考えたことはありますか?

フルートを練習していて時に思うのは、アマチュアの限界です。
プロではないのだから、決めた時間に練習するだけで精一杯です。
でも、これでいいのか…

そんなときに、「地球交響曲第6番」を観て揺さぶられました。
「虚空の音」がテーマです。

地球上にある音を連綿と綴っています。
それは、楽器の音であったり、風の音、動物の声、
水の流れる音、空を切る音、祈り。
様々な響きが力を持っています。
エネルギーのようなものでしょうか。

以前に病院でボランティア演奏をしたときに
会場におられる方々の心の波を感じたことがありました。
この経験があったので、この映画と私が共鳴したのかもしれません。

目指すところは、音符の黒玉や白玉を間違えずに演奏することではなく、
自分の心にも聞いている人の心にも届くような音楽、
であればいいと思います。
プロもアマチュアも関係ありません。

音による「一体感」です。
それもコミュニケーションのひとつなのでしょう。

出来事 地球交響曲第6番を観ました
感情  「つながる」ってこういうこと
学び  自分の心に響かない音が相手にも響くはずはありません
    まず、よく聞くことにします

                      kinuko
posted by ポプラ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

1対多数

Q. 自分一人だけ他の人と意見が違ったことはありますか?

1年ぶりに友人と4人で会いました。

展覧会で集合してから食事です。
それにしては、レストランの予約時間が早すぎます。

メールでのやり取りで結局、所要のある私は展覧会はパスして
食事だけ、参加することでいいのだろうと思い、
「レストランで○時○分に会いましょうね。」
と幹事役に返信したのです。

携帯もつながらずレストランで待つこと40分。
ようやくやってきた三人は、私も展覧会に来るであろうと
思って会場で待っていたのです。

はっきりと返信したのですが、3対1で私だけが違う考えをしていました。


また、同年代の仲間6人で演奏会の服装を決めていたときのことでした。

ジーンズに決まりそうな雰囲気です。
私は学生の頃に、ジーンズばかりはいていたので
すっかり嫌になっていて、もう今は全く持っていません。

「絶対はかない。」とがんばりましたが、

5対1でジーンズに決定しました。

だれも私を批判したわけではありません。
でも、責められているような雰囲気を感じました。

常に多数派だった私は、これでようやく「一人」側の気持ちに
配慮できるようになれるのかも知れません。

出来事 1対多数になりました
感情  気づかせていただいてありがとう
学び  自分がその立場にならないとなかなかわからないものです
                        kinuko

posted by ポプラ at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族、仲間、ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。